EasyToon(イージートゥーン)プラスα



+ LESSON-1 +

カラーアニメを作ろう

EasyToonはモノクロ二階調しか使えず、カラー作品は作れません。
でも、他のソフトと組み合わせることで、カラーGIFを作ることが出来ます。

このアニメに色を付けてみましょう。



まず、『ファイル』の『エクスポート』にある『連番BMP形式でエクスポート』をやります。
すると、上のアニメのコマがすべて、連番BMPで出力されます。
それを、お絵描きソフト(ペイント・フォトショップ等)で開いて下さい。

(今回の例では、Windowsに標準で入っている「ペイント」で開いたとして解説します)



こういう画面が出たら、まず『ファイル』の『名前を付けて保存』をやって
『ファイルの種類』を、BMPから、GIFに変えて保存して下さい。

なぜ最初にこんなことをやるのかと言うと、BMPで色を塗ってからGIFにすると
色が変わってしまうことがあるからです。



+ GIFの色数 +
 
BMPは、フルカラー(1677万7216色)の色数を指定できますが、
GIFは、256色しか指定できません。

もし、フルカラーで描いた絵をGIFにしようとすると、
強制的に256色に減色されてしまい、元絵と色が変わってしまいます。

カラーイラストではなく、GIFアニメを作るつもりなら
最初から、256色で色を塗りましょう。

 

GIFに変えたら、色を塗って下さい。
これを、繰り返し以外のすべての絵でやります。(大変ですが頑張って下さい)




余談ですが・・・
ポップで明るい感じの絵を描きたいときは、必ずその絵の中に
赤と青と黄色を入れるようにしましょう。
これは昔から子供が喜ぶ3大色といわれているもので、原色を使うことで絵にインパクトが出ます。

子供関係のイラストには、ほとんどこの法則が適用されていますから
おもちゃ売り場へ行ったときなど、チェックしてみて下さい。
(ガンダムが兵器なのにあんなに目立つ配色なのは、この法則のためです)


色付けが終わったら、GIFアニメとしてまた結合します。
ココへ行き、『GIF製作ソフト』というのをどれかダウンロードして下さい。

個人的な意見ですが、この中のどれかがいいと思います。

ZgifmakeツァイトアニメGIFメーカー : 最も操作が簡単だけど、機能が少ない
Animation GIF Maker : 平均的機能だけど、GIF圧縮は出来ない
ウェブ アニメータ : 簡単操作で、GIF圧縮も出来る(筆者愛用)
Giam : 最も多機能だけど、使い方に少しクセがある

ここでは、『Giam』を使った解説をやります。(基本的なやり方は、どのソフトもだいたい同じです)



Giamを立ち上げたら、こんな画面が出るはずです。

左上にある四角の部分に、いま色を付けたGIFをドラッグ&ドロップして下さい。
(新しくドラッグ&ドロップした絵が、表示されている絵の前に入ります)

繰り返し部分の絵も、『コマのコピー』と『コマの付足し貼り付け』で完成させたら
右上の『繰り返しセット』にチェックを入れ、
次に左下の『全部選択』を押したあと
右下の『ウェイト有り』にチェックを入れて、ウェイト[1/100s]に10を入れます。




あとは、『ファイル』の『名前を付けて保存』をやれば、カラーGIFの完成です。





+ LESSON-2 +

GIFの圧縮(最適化)

中級講座でも少し解説しましたが、
Webには細い回線でインターネットをしている人がまだまだたくさん居ます。
そういう方は、作品の容量が大きいとダウンロードに時間が掛かり、
大きな負担となってしまいます。
また、アップロード掲示板に投稿しようと思ったときも
容量がオーバーしてしまったら出来ません。

そういうときはGIFの圧縮(最適化)をすることで、小さくすることが出来ます。

ただし、これは万能ではありません。

これをやるとパワーのないパソコンで観たとき
だんだん動きが遅くなって、スローモーション再生になってしまうという弱点があります。

また、
EasyToonのようにモノクロ2階調の絵の場合、画面全体を動かしている作品では
最適化してもほとんどサイズが減らないことがあります。


やり方は、
+LESSON-1+で紹介した、GiamというGIF製作ソフトで簡単に出来ます。

圧縮したいGIFを
Giamで開き、『各コマサイズの最適化』ボタンを押すだけです。

あとは、『ファイル』の『名前を付けて保存』をやれば、圧縮GIFの完成です。


ためしに、+LESSON-1+で作ったカラーGIFをやってみました。



【元GIF】50KB(圧縮なし)



【圧縮GIF】13KB




+ サンプル作品 +


コマ数が少なくて容量の大きいGIFを圧縮してみました。

↑クリック(1,914KB)
圧縮なし



↑クリック(612KB)
圧縮あり



+ LESSON-3 +

音入りアニメを作ろう

GIFアニメは、GIFファイルそのものに音楽や声を入れることは出来ません。
しかし、ホームページにアップする時工夫したり
swf(Flash形式)やmov(QuickTime形式)に変換すれば、音入りアニメが作れます。




ホームページにアップする時工夫するやり方

参考サイト
TATSUBON氏の、この作品のようなやり方です。

この方法は、絵と音の完全な同期をとることは難しいのですが
簡単手軽に音入りアニメにすることが出来ます。


やり方は、GIFにつけたい音の音楽ファイル(MIDIやWAVやMP3等)を用意し、
ホームページのhtmlに「EMBED タグ」を入れるだけです。


ためしに、+LESSON-1+で作ったカラーGIFでやってみました。



↑クリック(音が出るので注意)



GIFを他の形式に変換するやり方

GIFアニメを、一度swf(Flash形式)やmov(QuickTime形式)に変換して、音入りアニメにする方法です。
この方法だと、絵と音の完全な同期をとることが出来ます。


swf(Flash形式)に変換するときは
本家の「Macromedia Flash」が一番高機能ですが、有料(かなり高額)です。
無料でやりたいならParaFla!というフリーソフトがあります。


ためしに、+LESSON-1+で作ったカラーGIFでやってみました。



↑クリック(音が出るので注意)


mov(QuickTime形式)に変換するときは、有料ですが「QuickTime Pro」というソフトで出来ます。




+ サンプル作品 +


+LESSON-3+で作ったサンプルアニメを作品化してみました。

ねこねこツイスト

↑クリック(音が出るので注意)
なにげに、スタッフが贅沢だったり・・・(^▽^;



+ EasyToon Q&Aへ +



+ プラスα まとめ +



 GIFの色数は256色のため、フルカラーの絵を取り込むと色バケすることがある

 カラーのGIF絵ファイルを作り、それをGIF制作ソフトで結合させればカラーGIFが完成

 GIFの圧縮は、コマ数が多いものは控えること

 音入りアニメの作り方は、完全な同期をとるのは難しいが簡単に出来る方法と、音楽にぴったり合わせられるけれど面倒な方法とがある

 


+ トップページに戻る +